前回から約1ケ月。またしても一ケ月目の寒波来襲となり、出席率が気になる所、最終回とあってそれでも15人中8名が参加しての「できた!活動計算書」です。

ホップ、ステップ、ジャンプの3回目は、宿題に出した「できた!!これが自分の団体の活動計算書!!」というフレーズで、中山税理士と青海さんによるチェックタイムが予定のメニューでした。ところが参加されたみなさん、誰も宿題をやってこず。1団体だけ、ソリマチの会計ソフトご使用とのことで、継続されている書類のプリントを持参されました。その他3法人さんは、収支計算書的書類を持参されたので、チェックしながら、活動計算書への移行の仕方を急きょアドバイスすることになりました。

他に、会計基準改正の3ポイントや、NPO法改正について中山税理士、青海さん、県の担当者のセッションの後、質疑応答タイムです。いくつか自分の団体の会計課題もでましたが、「会計ソフトがいいのかエクセルシートがいいのか」という質問に、中山税理士から、税理士もいらなくなる、スーパー会計ソフトのお話も出で、業界の厳しさも知ることができました。

昨年10月から続いた「もりもりセミナー」。参加全16団体、参加者総数20名の方が受講され、最終回ではNPO運営の学習教科書「15の力」をお土産にお持ち帰りいただきました。

ビフォーアフターを成果とした目標では、前半の「やれる資金調達」で3団体の方がアフター成果にたどり着きました。後半の「できた活動計算書」では、3団体の県への事業報告が「正しい活動計算書」となって出てきたらアフター成果となることでしょう。セミナー開催中に後期二回目を欠席された方から、「休んだら次の回にたどり着けないので、来年もう一度全部を受講したく、連絡ください」と電話をいただきました。また、開始日時や講座の組み立てについて、最終回アンケートでは半数強の方から、このやり方に好意的な意見も頂戴しました。全員快出席は長期に渡る講座では難しいものですが、数人でも講座受講の成果を団体にお持ち帰りでき、良かったです。

このページは事業終了で、更新のネタはなくなりました。もし、万が一、次年度なんらかのみなさんにご提供できることが生まれましたら、復活させていただきますが、ひとまず。
「ここまで読んで下さいまして、ありがとうございました。」