10月11日火曜、19時から21時まで開催の「やれる!資金調達」第一回目は、参加5名、 欠席3名のスタートでした。
初めての方同志もいらっしゃるので自己紹介の後、「資金調達に必要な伝えること」のか らくりを1時間10分ほどのパワーポイントで、基礎知識としてみなさんと共有。10分の休憩 を挟んで、次回へと続く個別課題の発見の時間を最後にもちました。
なにしろこのセミ ナーは三回目には、一人でも二人でも「劇的ビフォーアフター」の結果にたどり着くこ とを目的に開催してますもので、お一人おひとりの参加動機がとても大事なのです。
で もって個別課題は、簡単に表現すると次のようなものになりました。

Tさん。行政も動き出したけど、私たちの団体となんで一緒に動こうとしないのかな。 何か秘策があるはず。行政と一緒にできるための秘策を発見したい。

Nさん。このままの事業ではやがて閉塞してしまう。今のうちにNPOならではのあたらし い事業を発見したい。

0さん。団体を作るへきかどうか思案中ではあるが、今は個人として活動中。はたして 思いが伝わるお話になっているかどうか、パワーポイントを検証したい。

Hさん。地域の人たちと共に運営できるような呼びかけをしているが、チラシがこれで 大丈夫か検証したい。

Aさん。団体名の変更まで考えたが、どうしたら団体活動が多くの人の共感を得られる か。パンフレットなども含めて検証したい。

というお題となりました。また、一回だけの方を除く欠席二名の方にも、なんらかの形で次回へと続く糸口を準備 しておかなければなりません。郵送という手法が良いか、別途日程を作るのが良いか、 現在検討中です。

これより、次回の講師と綿密な打ち合わせを進めて、「参加して良かった」セミナーを 作っていきますので、興味のある方は傍聴でもかまいません。今からでもお申込みくだ さい。