12月9日曜、あられも降った寒い日は夜の7時から、あいむ会議室でもりもりセミナー三回目、資金調達編は最終回が、前回に続き福岡NPOセンターの古賀桃子さんをお招きして開催されました。

結果最終回までたどり着いたのは6人5団体の方となりました。

古賀さんから前回の宿題や、冒頭6W2Hのワーク結果について各々が発表です。さらに青海さんも参戦して後半は個々のクリニックに入りました。

ビフォーアフターではっきりと変化のあった福祉系の団体の方からは「交流サロンという漠然としたイメージから、ワークを通して、もっと具体的な認知症ケアの直接サービスへと活動を見える化することができた。」
また、ごみ清掃を活動としている団体の方は2種類のチラシを新たに作られ、それについて、二名の講師からさらにブラシュアップがありました。
国際交流団体の方は「若者の参加と資金調達」についてのお悩みが話され、それぞれ解決のアイデアが提案されました。

完成版のアフターには今一歩の3回目でしたが、この後の各自の変化については報告をいただくことで、9時に無事終了となりました。この3団体の今後の変化が楽しみとなった資金調達最終回なのありました。